ネチケットを守って 楽しくコミュニケーションしよう
[ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[320] 無題 投稿者:てる 投稿日:2013/09/21(Sat) 08:34  

すいません、FBではなくFDです。間違えて打ち込んでしまいました。フロントダウン、バックダウンです。


[319] Re:[318] 信じることと疑うこと 投稿者:てる 投稿日:2013/09/21(Sat) 08:30  

常識をうたがえ、とはよく聞く言葉ですが、実際には難しいことですよね。
>
> ただ技の上手い人の動きをよく見てみると、言っていることと違う動きをやっているように見えることがあります。

> 可能性としては、本当に違うことをしているか、こちらの経験値や知識不足で理解できないということが考えられます。

> 一般的に後者を前提とした練習を多く見かけますが、前者の可能性も疑うべきでしょう。


この点は、説明する先生が自分で言っている説明と動きは違っているのに自覚がない場合と、お茶目な性格でわかっていてやっている先生がおられますね。

私も森先生には親しくご指導を受けさせていただき、FD,BDと英語で説明する資料作りの時にはご相談していただきました。

先生の場合は年ごとに自分の動きが変わっていくと、説明を変えておられましたね。

一度3年ぶりくらいにお会いして技を説明されていた時に以前と変わっていたので、指導後、先輩の先生と3人になった時に先輩の先生があれ前と違うじゃないと声をかけると、えっ??どう教えたかな??と質問され、前はこう教えていただきましたよ、と答えると。

あ〜!それはもう古いねん!!今はこうやねん1988年型や!!車かって毎年ええのに代わるやろ、それといっしょや!日々変わっていかな!!なっ!と言われてびっくりした覚えがあります。

またFB,BDにはバリエーションがあるのですが、たとえばFBのa)を最初に見せて指導してから、一人の人が大まか出来かけて来て先生こんな感じでいいですかと質問に来た時、いやこうや!!ってバリエーションのB)でやって見せて質問者の???の反応を見て本当に分かっているかを確認されていたことがりました。

その時ぼくが先生の顔をじ〜っと見ていると、気づかれた先生がにこっとされた時がありましたね。

> 信じて取り組まないと見えないものがある反面、疑うことも同じぐらい大切だと思うのです。

指導する先生の性格も考慮に入れて方がいいと思いますね。

> 私は森道基先生に直接投げて頂いたことがあります。ですから森先生が本当に投げられることを知っています。
> ただ三角技法を学んだ人のほとんどがああはならないところをみると、三角技法の理論には何らかの抜けや間違いがある可能性があるのではないでしょうか。
>
> 信じて取り組むことと、敢えて疑って取り組む難しさを感じます。
> だからこそ面白いのでしょうが^ ^

たいへんいいことだと思います、直球勝負だけでは千変万化の変化する時代に取り残されてしまうでしょうね


[318] 信じることと疑うこと 投稿者:明竜 投稿日:2013/09/20(Fri) 22:43  

常識をうたがえ、とはよく聞く言葉ですが、実際には難しいことですよね。

ただ技の上手い人の動きをよく見てみると、言っていることと違う動きをやっているように見えることがあります。
可能性としては、本当に違うことをしているか、こちらの経験値や知識不足で理解できないということが考えられます。
一般的に後者を前提とした練習を多く見かけますが、前者の可能性も疑うべきでしょう。

信じて取り組まないと見えないものがある反面、疑うことも同じぐらい大切だと思うのです。

私は森道基先生に直接投げて頂いたことがあります。ですから森先生が本当に投げられることを知っています。
ただ三角技法を学んだ人のほとんどがああはならないところをみると、三角技法の理論には何らかの抜けや間違いがある可能性があるのではないでしょうか。

信じて取り組むことと、敢えて疑って取り組む難しさを感じます。
だからこそ面白いのでしょうが^ ^


[317] Re:[316] 過去の成功を捨てるのが一番難しい 投稿者:休明 投稿日:2013/09/16(Mon) 15:13  

> 皆さん、台風の影響は大丈夫ですか?
>
> 20年ほど前に「拳理体感」というプロジェクト(?)がありました。様々なアウトプットがありました。有名なところでは柔法マット、2重防具、運用法などがあります。
>
> もっとも当時のリーダーが本部を辞められてから方向性に変化が出てしまいました。2重防具も運用法も競技用のツールやルールとなってしまいました。
>
> 柔法での大きなアウトプットしてあったのが「崩し、落とし、外し」の概念です。
>
> 一時期一世風靡した概念ですが、実際には使えずいつしか廃れてしまいました。
> 「剛体化」の催眠術を併用しないと使えないものだからです。実際に使う技を考えるならば、催眠術をどうやって掛けるかを見つけるか、崩し、落とし、外し以外の別の原理に目をむける必要がありそうです。
> 仙台は今は小康状態です。
 復帰の際、ネットでいろいろな情報を探したり書籍を探したりと一所懸命でしたが中でもとりわけ三角技法に興味がわきました。が、5年経った中で感じるのはやはり我が師の技術の美しさです。このところ探し当てたN野先生の動画を見ても、やはり通ずるものがあると改めて感じています。
 手の骨格や筋肉、経絡、どうすればどの方向に操作できるか、なぜそうするのか。一つ一つの技にまた興味がわいてきます。無駄をそぎ落とし、最小の力でできることが遠いけれど最終目標ですね。


[316] 過去の成功を捨てるのが一番難しい 投稿者:明竜 投稿日:2013/09/16(Mon) 13:15  

皆さん、台風の影響は大丈夫ですか?

20年ほど前に「拳理体感」というプロジェクト(?)がありました。様々なアウトプットがありました。有名なところでは柔法マット、2重防具、運用法などがあります。

もっとも当時のリーダーが本部を辞められてから方向性に変化が出てしまいました。2重防具も運用法も競技用のツールやルールとなってしまいました。

柔法での大きなアウトプットしてあったのが「崩し、落とし、外し」の概念です。

一時期一世風靡した概念ですが、実際には使えずいつしか廃れてしまいました。
「剛体化」の催眠術を併用しないと使えないものだからです。実際に使う技を考えるならば、催眠術をどうやって掛けるかを見つけるか、崩し、落とし、外し以外の別の原理に目をむける必要がありそうです。



[315] バック トゥ スタート ポイント 投稿者:明竜 投稿日:2013/09/10(Tue) 08:23  

ずっと出張続きで明日久々に練習に顔を出せる。
さて明日は何をテーマにどんな練習をしよう。何となくの練習はしない。そのため毎回スケジュールを立てて練習に臨んできた。大変だったけど支部設立以来続けてきたこと。通勤電車のなかで考えておこうっと^ ^


[314] Enjoy your Busen Life! 投稿者:明竜 投稿日:2013/09/09(Mon) 17:26  

休明さん :

武専ライフをEnjoyされているようでなによりです。道院の枠を超えた人脈が広がる貴重な場ですよね^^
Y先生。確か小学校の先生をされていたとお伺いしました。若き日の武勇伝からは想像がつきませんが^^;


[313] 楽しい武専でした 投稿者:休明 投稿日:2013/09/09(Mon) 06:18  

 昨日の武専はK越道院のY島先生がおいでになりました。
 67歳にもかかわらず大変迫力ある、たまにオヤジギャグをちりばめ笑いを誘いながら時間の経つのを忘れるほどの度指導を頂きました。
 中でも中心線と丹田の使い方は興味深く是非とも体感したいものだと心に残るものでした。まずは丹田を錬ることから始めねばなりませんが。


[310] いいですね^^ 投稿者:明竜 投稿日:2013/09/05(Thu) 22:19  

昇段できたのはひとえに休明さんの努力の成果です。
環境がどうでも開祖の教えを胸に前進し続けたいものです。
不撓不屈で行きましょう^^



[309] はや5年 投稿者:休明 投稿日:2013/09/05(Thu) 13:20  

 正式に復帰してから満5年となりました。
 
 デジかものお陰で技を思い出しながら四段に昇格できたのは

3年前、3年後には五段昇格をと考えています。ひとえにこの

e−研のお陰と、心よりお礼申し上げます。

 騒がしい環境ですが、これからも続けていけるよう努力して

いくつもりです。これからもいろいろな情報お願いします。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -